キャンプ

【安平町】ときわキャンプ場で子連れキャンプ

安平町ときわキャンプ場_eyecatch

(最終更新日:2020/8/13)

こんにちは。子連れ旅行を生きがいにしている2児の父コンペイ(@maamiitosan)です。

札幌市から高速道路を使わずに車で90分。
アスレチックや滑り台が楽しめる安平町のときわキャンプ場。

さっそく紹介していきます。

ときわキャンプ場の基本情報

安平町のときわキャンプ場の基本情報はこちら。

住所勇払郡安平町早来北進98−45
TEL0145-22-2898
フリーサイトアリ
オートサイトナシ
バンガロー・コテージアリ
チェックイン13:00~
チェックアウト~11:00
ゴミの取り扱い回収アリ
営業時期4月下旬~10月下旬
公式HPhttps://www.town.abira.lg.jp/midokoro/shisetsu/camp/91

利用料はコチラ↓

公式HPより引用(2020/8時点)

オートサイトはありませんが、リヤカーが充実しています。

管理棟の横にたくさん置いてあります。

管理棟横には自動販売機もありますよ。

安平町ときわキャンプ場の公式動画がありました。参考にどうぞ↓

ときわキャンプ場の全体MAP

ときわキャンプ場についてじっくり紹介していきます。

全体MAPはこちら↓

安平町ときわキャンプ場MAP
安平町HPより引用

このMAPだと高低差が表現されていないので、「ちょっと実際と違うんじゃない?」って感じがしますが、参考まで。

管理棟横の道を上っていくと、一番大きい駐車場に行くことができます。

高台のフリーサイトにテントを張るならこちらの駐車場がオススメです。

コンペイ
コンペイ
そのほうが荷物の積み下ろしがラクチン

ときわキャンプ場の機能

ときわキャンプ場の機能紹介です。

テントサイト

私は高台のフリーサイトにテントを張りました。

川のそばのサイトもすごくイイ感じですが、競争率高めです。

コンペイ
コンペイ
川沿いにテントを張りたいなら早めのチェックインがオススメですよ

キレイなトイレもある

けっこう昔から営業しているキャンプ場なので、昔からあるトイレはあまりきれいじゃないです。

が、管理棟そばのトイレはとってもキレイ。

トイレ棟
多目的トイレ

もちろんウォシュレット完備です。

ちなみに、トイレ棟の横のスペースもテントを張るスペースとして大人気のようです。

コンペイ
コンペイ
トイレが近いと何かとラクですよね

炊事場は蛇口が少なめ&足元が水浸し

炊事場は蛇口がそれほど多くないです。

また、あまり水はけが良くないのか、炊事場の周りは水溜まりだらけでビチャビチャでした。

コンペイ
コンペイ
衛生面であんまりよくなさそう…

状況次第で、洗い物は持ち帰って家で洗った方がイイかもしれません。

アクティビティ:アスレチックと滑り台で楽しめる

全体MAPにもあるように、フリーサイトの奥にアスレチックとローラー滑り台があります。

ただし、フリーサイトからはかなり離れているので、小さい子を遊ばせる場合は必ず大人が付いていきましょう。

コンペイ
コンペイ
寒い時期にローラー滑り台をおしりで滑るとめっちゃかゆくなるから注意!(笑)

鶴の湯温泉まで車で12分

一番近い温泉は安平町の鶴の湯温泉です。

コンペイ
コンペイ
ちょっと遠いので、チェックアウト後に行きましょう!

まとめ:外遊びを楽しめるアクティビティは充実してる

安平町のときわキャンプ場の評価です。

清潔さ
アクティビティ
温泉へのアクセス
利用料
札幌圏からの行きやすさ
総合評価

静かな環境で外遊びを安全に楽しめますし、管理棟の横のトイレはキレイです。

ただ、炊事場にイマイチ清潔感が無く残念でした。

それから、温泉がちょっと遠い…。

総合評価は3.0点としました。

安平町のときわキャンプ場、いかがでしたでしょうか。

コンペイ
コンペイ
北海道の短いファミリーキャンプシーズンを楽しむにはまずまずなキャンプ場だと思います!

帰り道にノーザンホースパークに寄ると安平町を堪能できます。

ときわキャンプ場以外にも、北海道内でオススメのキャンプ場はたくさんあります。

オススメのキャンプ場をまとめて紹介していますので、あわせてご覧ください↓

コンペイ
コンペイ
お出かけの参考になればウレシイです!
ではまた!